キルホーマンとは?種類・味わい・おすすめの飲み方

キルホーマン

スコットランドの土から生まれ、独特の風味と香りを放つスコッチウイスキー「キルホーマン」。

この記事では、スコットランドにある小さな蒸留所から誕生したこのウイスキーの歴史と特徴、さらにその種類までを紹介します。

キルホーマンとは

スコッチウイスキー「キルホーマン」の風味を一層味わい深くするためには、その背後にある歴史を知ることが重要です。その興味深い歴史を紐解いていきましょう。

キルホーマンの歴史

スコットランドのアイラ島にあるキルホーマン蒸溜所は、国内で最も新しい蒸溜所のひとつであり、アイラ島では124年以上ぶりに建設された蒸留所です。

その歴史は、失われつつある農園での蒸溜技術を復活させるというビジョンを持ったアンソニー・ウィルスによって2005年に設立されたことから始まりました。

大麦や麦芽、時にはスピリッツさえも大手の業者から調達する現代の多くの蒸溜所とは異なり、アンソニーは大麦から瓶詰めまでの全工程を管理できる蒸溜所を作りたいと考えていました。

そのため、キルホーマンはアイラ島の西側の農場に設立され、独立経営が続く数少ないスコッチウイスキー蒸溜所のひとつとなったのです。

設立当初から、キルホーマンは品質と伝統へのこだわりで他とは一線を画していました。スコットランドでは数少ないフロアモルティング(水に浸した大麦を広い床に敷き詰め、発芽を均一にするために手で回す伝統的な製麦方法)を今も実践している蒸溜所のひとつです。

また、キルホーマンでは大麦の一部を蒸溜所周辺の畑から調達しており、「畑からグラスへ」というユニークな体験をウイスキーに提供しています。

キルホーマンで最初のウイスキーが蒸溜されたのは2005年のことで、2009年には初の公式ウイスキーとなる3年熟成のシングルモルト「Inaugural」をリリース。

その若さにもかかわらず、このウイスキーは好評を博し、上質な原料にこだわり、慎重に造ることで素晴らしいウイスキーができることを証明しました。

創業以来、キルホーマンは伝統的なウイスキーづくりの手法にこだわり続けながら、徐々に生産能力を高め、成長を続けています。

キルホーマン蒸留所について

蒸留所名キルホーマン蒸留所
エリアアイラ
設立2005年
仕込み水オルト・グリーン・オスマイル川
所有者キルホーマン・ディスティラリー社
蒸溜所ツアーあり
公式サイトhttps://www.kilchomandistillery.com/

キルホーマンの特徴

2005年の設立以来、キルホーマン蒸留所は、革新と伝統の両方を取り入れてスコッチウイスキーを製造しています。

ウイスキー製造に欠かせないキルホーマンの水は、オルト・グリーン・オスマイル川の水を使用している。この泥炭を含んだ水は、キルホーマンの個性に貢献し、ウイスキーに独特の土地感を与えているのです。

同蒸留所は、大規模な工業用蒸留所とは異なり、製造の大部分を自社で行っています。大麦の栽培から製麦、蒸留、熟成、瓶詰めまで、全工程を自社で管理しているのです。この製法を続けている、スコットランドでも数少ない蒸留所のひとつでしょう。

この伝統的なアプローチは蒸留工程にも及んでいます。

キルホーマンの小型ポットスチルは、蒸留所の農場で直接栽培された穀物からつくられるウイスキーとしては珍しく、50 PPM(フェノール・パーツ・パー・ミリオン)という高いピートレベルが特徴の、しっかりとしたフルボディのスピリッツです。

他のエクスプレッションは、約20~25PPMにピーティングされたモルトを使用しており、バランスの取れたニュアンスのあるピートキャラクターを生み出しています。

味わいは、豊かでフルーティーな風味とアイラ島のピートスモークの洗練されたバランス。多くのアイラウイスキーがスモーキーな特徴に大きく傾いているのに対し、キルホーマンのウイスキーはモルト由来の甘い香りと、深みのあるスモーキーなピート香が調和している。

香りは、魅力的で複雑。ピートスモークと柑橘類、花の香り、ドライフルーツが融合したような香りは、そのウイスキーの特徴やカスクによって異なります。

要約すると、キルホーマン蒸留所は、ウイスキー製造に実践的で伝統的なアプローチをとることで生まれる豊かさを証明しているのです。

キルホーマンの主な種類と味わい

もちろん、それぞれのウイスキーについて、もっと詳しい情報を提供させていただきたい。

キルホーマン マキヤーベイ

キルホーマン マキヤーベイ

キルホーマン蒸溜所から半マイルの距離に位置するアイラ島で最も壮観なビーチにちなんで名付けられた「マキヤーベイ(MACHIR BAY)」。

バーボン樽とシェリー樽で熟成させたウイスキーのヴァッティングです。豊かなトロピカルフルーツ、ピートスモーク、バニラ、海洋性の香りが見事なバランスで調和しています。

比較的若いウイスキーであるにもかかわらず、かなり熟成したアイラウイスキーによく見られる複雑味を備えています。

キルホーマン サナイグ

キルホーマン サナイグ

蒸溜所の北にある岩だらけの入り江にちなんで名づけられた「サナイグ」は、オロロソーシェリー樽の特徴を色濃く反映しています。

そのため、ピートとスモーキーな香りとともに、レーズン、イチジク、煮詰めた果実の深みが感じられ、よりリッチでフルーティーな特徴を持つ。

フィニッシュは長く複雑で、ダークチョコレートのニュアンス。サナイグは、アイラモルトのピートがシェリー樽の影響といかにうまく調和できるかを示す素晴らしい例です。

キルホーマン ロッホゴルム

キルホーマン ロッホゴルム

蒸留所に隣接するアイラ島最大の淡水湖にちなんで名づけられた「ロッホゴルム」は、オロロソシェリー樽のみで熟成させたウイスキーです。

毎年リリースされるこのウイスキーは、ボトリングごとに異なるロットが選ばれるため、毎年微妙に異なります。

甘さ、香ばしさ、スモーキーさが交錯するロッホゴルムは、複雑で層の厚いウイスキーであり、キルホーマンが毎年最も期待しているリリースウイスキーのひとつです。

キルホーマン 100%アイラ 12thリリース

キルホーマン 100 アイラ

「100% アイラ」はキルホーマンのラインナップの中でもユニークな存在で、アイラ島で栽培された大麦のみを使用し、蒸溜所で製麦しています。

この 「Farm to Grass(畑からグラスへ)」というアプローチにより、キルホーマンの他のシリーズと比べて、より軽く繊細なピートの影響を受けている。

12th リリースは、29個のバーボン樽と6個のオロロソ シェリーバットで最低8年間熟成されています。

香りは、エレガントで甘いピートスモーク、柑橘類と蜂蜜の波が続き、バニラと塩キャラメル。味わいは、リンゴと梨。軽いスパイス、レーズン、トフィーがフィニッシュに向かって続きます。

キルホーマン STRカスクマチュアード

キルホーマンSTRカスク

キルホーマン STRカスクマチュアードは、赤ワイン樽をSTR(Shaving / Toasting /  Re-Charring)処理した特別な樽で熟成したウイスキーです。

2012年に充填され、冷却濾過や着色を行わず、アルコール度数50%で瓶詰めされました。

この特別な樽で熟成されたウイスキーは、木とより強く相互作用し、風味と個性が高まります。キルホーマンの典型的なピート香に加え、生き生きとしたフルーツとバニラの香りを楽しめます。

キルホーマンのおすすめの飲み方

キルホーマンを楽しむ方法はいくつかあり、ベストな方法は個人の好みによりますが、ここではお勧めの飲み方を紹介します。

ストレート

多くの高品質スコッチウイスキーと同様、キルホーマンも何も加えずに、まずはストレートで楽しみましょう。

そうすることで、ウイスキーの複雑なアロマと風味を存分に味わうことができます。ゆっくりと口に含み、舌の上を転がすようにして、楽しんではいかがでしょうか。

水割り

ウイスキーに数滴の水を加えることで、ウイスキーの風味が広がります。水とウイスキーとの相互作用で、フレーバーがより際立ちます。

これはウイスキー愛好家の間では一般的な方法であり、ぜひ試してみる価値がある飲み方です。

オン・ザ・ロック

氷を入れることでウイスキーがより爽やかになり、アルコール度数も若干弱まるので、ウイスキーの強さに少し圧倒される人も飲みやすくなるでしょう。

ただし、冷やすことでウイスキーがなめらかになる反面、風味が弱くなることもあるので注意が必要です。

カクテル

キルホーマンはストレートや水割りで楽しむことが多いですが、カクテルのベースとしても最適です。

たとえば、キルホーマンのスモーキーでピートな風味は、オールド・ファッションドやスモーキー・マティーニのようなクラシックなカクテルによく合います。

ただし、キルホーマンのようなプレミアムで複雑なウイスキーは、その風味を生かしたシンプルなカクテルで味わうのがベストであることも覚えておきましょう。