チェイサーとは?効果や飲むタイミングも解説!

チェイサー

「酔っ払いたくない」
「二日酔いになりたくない」
「お酒を美味しく飲みたい」

このような理由で、お酒を飲むときに「チェイサー」を頼む方は少なくないでしょう。

多くの方が「チェイサー=水」と理解していると思いますが、海外ではそうではないのです。

今回は、チェイサーについての基礎知識と効果について紹介します。

チェイサーとは?

「チェイサー」という言葉を聞いて「水」を連想する方が多いのではないでしょうか。

しかし本来のチェイサーは、「強いお酒のあとに、もしくはあいだに飲むもの」のことを指します。

つまり、チェイサーは水でなくても良いということです。では、このあたりを深掘りしていきたいと思います。

日本では水が主流

チェイサーは水でなくても良いのですが、日本では水が主流です。

その証拠に、居酒屋やバーでチェイサーを注文すると、だいたい水が運ばれてきます。お店によっては炭酸水やお茶が運ばれてくるところもあるようですが、少数派です。

こういった環境から、「チェイサー=水」を連想する方が多くなっています。

ビールや牛乳でも良い

日本では水が主流ですが、海外ではビールをチェイサーとして飲むといったことが当たり前に行なわれています。

中でもウイスキーの香りとビールの相性は抜群で、アメリカでは「ボイラーメーカー」というウイスキーとビールのカクテルが人気を集めているくらいです。

また、ウイスキーと牛乳の相性もよいと言われています。ウイスキーの本来の味を潰すことなく、ちょうど良い具合にまろやかにしてくれるのです。こちらもカウボーイと呼ばれるウイスキーと牛乳のカクテルが人気を集めています。

このように、海外を見てみると、チェイサーは水でなくても良いことが分かります。固定観念にとらわれず、それぞれのお酒にあったチェイサーを探してみるといいですね。

チェイサーを飲むことで得られる3つの効果

チェイサーは、悪酔いしないために飲むという方が多いと思います。しかし、それ以外にもチェイサーを飲む意味はあるのです。

ここでは、チェイサーを飲むことで得られる3つの効果について解説していきます。

悪酔い・二日酔いを防ぐ

先ほど述べたとおり、チェイサーには悪酔いや二日酔いを防ぐ効果があります。

悪酔いや二日酔いの原因として、お酒を大量に飲むことにより、肝臓のアルコール分解が追いつかず、体内にアルコールが残ってしまうことがあげられます。逆に言うと、体内のアルコール濃度を薄めることができれば、悪酔いや二日酔いになりにくくなるということです。

これらの理由から、お酒と一緒にチェイサーを飲むことが重要になります。ここでのチェイサーは、水や炭酸水などのアルコールが入っていないものがいいですね。

頭痛や脱水を防ぐ

チェイサーを飲むことで頭痛や脱水を防ぐことができます。

なぜなら、お酒を飲み過ぎて頭が痛くなったり、寝て起きたあとに口の中がカラカラになるのは、アルコールの利尿作用が原因だからです。

アルコールの利尿作用で体内の水分が排出され、脱水状態に陥ります。これを防ぐには、お酒と同量のチェイサーを飲むなどの工夫が必要です。

ここでも、水や炭酸水などのアルコールが入ってないものがオススメになります。

味覚をリセットする

3つ目のチェイサーの効果は、味覚をリセットするというものです。

ウイスキーや日本酒などのアルコール度数の高いお酒を飲み続けると、口の中がしびれたり、お酒の味や香りがわからなくなることがあります。

そこで、強いお酒を飲むたびにチェイサーを飲むことで、味覚をリセットすることができ、本来のお酒の味や香りを再び味わえるようになるのです。

ここでは、常温に近い水を飲むといいでしょう。口の中をスッキリさせるという意味ではビールもオススメです。

チェイサーはいつ飲むべきか?

チェイサーをいつ飲むかは特に決められていません。

ただ、先ほど解説したチェイサーの効果をより実感したいのであれば、お酒と交互にチェイサーを飲むことをオススメします。

なぜなら、交互に飲めば、お酒と同量のチェイサーを飲むことにつながるからです。これにより、体内のアルコール濃度を薄めることができます。さらに、一口ごとにお酒の香りや味を存分に感じられるようになるのです。

二日酔いや悪酔いになりやすいという方は、ぜひやってみてください。

おわりに

チェイサーは水だけでなく、その他のお酒や牛乳、ジュースなど、お酒のあとやあいだに飲むものであれば、何でも良いということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

そして、チェイサーには悪酔いや二日酔いなどを防ぐ以外にも、一口ごとにお酒の香りや味を楽しむことができるという効果があります。

チェイサーは、奥が深い飲み物です。

みなさんもそれぞれのお酒に合ったチェイサーを見つけてみてください。そして、より長く健康的にお酒を楽しみましょう。




是非シェアをお願いします!